お知らせ

2024/02/05

冷え性改善へのアプローチと改善法

912e9b71e233d0beef1e1a7749f29463_t

大阪の仙骨良法(仙骨無痛療法)「MRT新御堂」から、健康情報をお届けいたします。


寒さが厳しい季節になりました。

特に女性に多い悩みのひとつが「冷え性」ではないでしょうか?


かくいう私も、物心ついたときには、毎年冬には手足20本の指全部が「しもやけ」になっていました。

それが当たり前だったので、本人は冷え性の自覚がないほどに、筋金入りの冷え性だったのです。


昔から「冷えは万病の元」といわれるように、冷え性と身体の不調は切っても切れない関係があります。




あなたは冷え性ではありませんか?


ここで、まず、自分の手が冷たくないかを確かめてみましょう。

自分の頬などの身体の温かいところを手で触り、自分の手が温かくなっていますか?

もし温かくなければ手をこすったり、お湯やストーブ、カイロなどで温めてから、自分の両足の全体および足の指先を触ってみましょう。

冷たく感じませんか?


実は身体の中で最も冷やしてはいけないのが「手足の指先」なのです。




冷え性の対策は・・・?


①保温をすること

冷え性の方が、まず一番にしなければならないことは、保温をすることです。

暖かい靴下、スパッツやレッグウォーマー、腹巻、手袋、帽子などを使い、自分の体温が外へ逃げていかないようにしていくことが大切です。


②お通じの改善

MRTの臨床で、冷え性の方には便秘が多いということがわかっています。

便通が悪くなると、腸の中に溜まっているものが再度、血液に吸収されてしまい、血液を汚し、いわゆる血液がドロドロの状態となり、その結果、手足が冷たくなってしまうのです。


③食事の見直しを・・・

お通じをよくするためには、野菜や果物などを摂ることが大切ですが、生野菜は身体を冷やしてしまうので、冷え性の場合には、腸の改善のために、生野菜だけでなく、温野菜(特に根菜類)も摂るようにすることが大切です。

またそれに加えて、身体を冷やす食べ物を控えましょう。例えば、熱帯地域で採れた野菜や果物(トロピカルフルーツ)、砂糖や加工食品などは身体を冷やすことに繋がります。

また、ビールも身体を冷やすもののひとつです。


④たっぷりと睡眠を・・・

寝不足になると代謝能力が低下して、身体が冷え、様々な身体の不調に繋がります。

睡眠をたっぷりとって、元気を取り戻しましょう。




仙骨のバイブレーションを取り戻しましょう


冷え性は、「自分の体質だから仕方がないもの」と思われていませんか?

実はそれは体質ではなく、変えていくことができるのです


冷え性は、一般的には血液循環が良くないために起こると思われていますが、血液循環が悪くなる元は仙骨のバイブレーションが身体の隅々に行き渡らないことが要因であり、仙骨のバイブレーションを上げることで、冷え性は消えてしまものなのです。


私自身も、幼少期からの筋金入りの冷え性が、MRT仙骨無痛良法(仙骨無痛療法)に通い始めて、大幅に改善しました。

「しもやけ」が治るだろうなどとは思ってもいませんでした。

なぜなら冬は「しもやけ」になるものだと思っていて、それが当たり前だったからです。

ところが、春にMRTに通い始め、なんとその年の冬には、全く「しもやけ」ができませんでした

それ以降、1回も「しもやけ」になっていないのです。

これは紛れもない私の事実の体験談です。


冷え性からくる身体の不調について本当に悩まれている方、仙骨との関係を知りたい方は、ぜひお気軽にお近くのMRTへお越しください!

体験談も数多く掲載されていますので、ぜひ各オフィスの体験談をお読みください。



CONTACT

お電話予約